前へ
次へ

ブランド食器かを確かめるときにはお皿の裏印を確認

料理をのせたりお菓子を用意するためにも食器を使いますが、普段使っている食器に対してさほど深い興味を持つことはあまりありません。貰い物やプレゼントの食器類などであれば多少は関心を持つとしても、バッグや時計などのようなプレゼントほどは、そんなに大げさに喜ぶことがないのも食器です。いつの間にかキッチンや収納スペースに使わない食器が溜まったとき、処分をすることを検討しますが、現在ではごみを捨てるにしてもお金がかかることがあります。燃えるゴミとして気軽には捨てられない食器は、ごみ扱いで出すにしても面倒ですから、リサイクルショップなどを検討するケースも多いです。食器買取に出す際にブランド品であれば、それだけ高く評価される可能性がありますが、パッと見てブランド品かどうかわかりにくいこともあります。そんなときには食器の裏側を見てみると、窯印や裏印のメーカー印があるものなら、それでブランド品かどうかを知ることが可能です。

none

Page Top